FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



薄毛対策のために亜鉛食品を摂取します! 

今日は亜鉛について、いろいろ調べてみました(o^―^o)



亜鉛はミネラルの一種で、食事で摂ったタンパク質を

「髪の毛」に変えてくれる大事な栄養素みたいです。

亜鉛が不足していると、どれだけタンパク質を摂っても

タンパク質が髪の毛なってくれないんだって。(´~`;)

薄毛を克服するためにも、亜鉛は積極的に摂取したほうがよさそうですね!



亜鉛不足のサインがこちら

1.疲れやすくなる

2.皮膚がカサカサするようになる

3.爪が伸びるスピードが遅くなる

4.食べ物の味が薄く感じる

5.怪我が治りにくい

6.髪の抜け毛が増える




げっ!3個も当てはまってる(_ _|||)



特に2番目の皮膚がカサカサするようになる!

ここ数年、旦那は乾燥肌に悩まされてます。

年のせいだとばかり思ってたけど

もしかしたら、亜鉛不足が原因だったのかも・・・(>_<)



亜鉛を多く含む食品を調べてみたけど

お手軽に摂取できるものが少ないな~(´~`;)



食品100g当たりの亜鉛の含有量で表すと

ダントツに含有量が多いのが生牡蠣で13.2mg。

生牡蠣って1年中食べれないし、頻繁には買えないので却下!



肉類で含有量が多いのが

・ビーフジャーキー(8.8mg)・牛肉全般(平均4.5g)

・レバー全般(平均4.6g)・卵黄(4.2g)・コンビーフ(4.1g)



魚介類で含有量が多いのが

・するめ(5.4g)・かに缶(4.7g)・干しえび(3.9g)・たらこ(3.8g)



その他の食品で含有量が多いのが

・高野豆腐(5.2mg)・パルメザンチーズ(7.3g)・ごま(5.9mg)

・アーモンド(4.4mg)・のり(3.7mg)・大豆(3.2g)



旦那は魚派なので、お肉をあんまり食べないのが痛いっ( ̄▽ ̄||)

牛肉とレバー以外の食材をできるだけ取り入れるようにします!

高野豆腐なんかは亜鉛の含有量も高くてよさそうですね♪



今週はもう献立を決めちゃってるんで

来週から「亜鉛食品摂取プロジェクト」を始動します(@^▽^@)



育毛剤BUBKA S-1シャンプー


関連記事



コメント

栄養のバランス

亜鉛を含む食品は、コレステロールも高めのようですね……
となると、やっぱり魚・大豆が安心なのでしょうか。

たまになら問題ないのでしょうけれども、
どれぐらいが「たまに」なのか?

突きつめて考えてくと、栄養のバランスって難しいです
(;´▽`A``

ふさふさ伯爵さま♪

確かに、亜鉛を含む食品は
コレステロールが高めものが多いですね!

亜鉛の含有量だけに目を奪われていてもダメですね。
ほんと栄養って難しいです(´~`;)

わが家は、お肉を食べるときは、ササミが中心なんですけど
亜鉛の含有量は驚きの0.6mgでした!

やっぱり食事の見直しが必要みたいです・・・( ̄▽ ̄||)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dannanousuge.blog.fc2.com/tb.php/10-fc0e05c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%url